2012年06月15日

6才未満脳死判定・臓器提供

http://news.mobile.yahoo.co.jp/news/view/20120615-00000010-maim_a-soci.html

携帯からなんでリンクの貼り方わからん(^_^;)

6才未満の男の子が脳死判定され女の子に臓器提供することが決まったそうな

亡くなった男の子に冥福をお祈りしたい。
提供を決意したご両親やご親戚に敬意を表したい。
女の子に手術の成功と健康を祈りたい。



と、思うもあたしがご両親の立場だったら許された短い時間でこの決断が出来るだろうか?

自分自身は臓器のみならず使えるとこは全部使ってほしいと願っているが、いざ我が子わが夫となると本人にその意志があったとしてもおたおたして時間切れにしてしまいそうな気がする。

しても、しなくても後悔するだろう時は人の役に立つ選択をしたほうが、後悔の分量が少ない…とは思うんだけど、どうしてもゼロリスクを探してしまう。
愚かだなぁ(^_^;)


posted by ちゅか at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。